業者の利用は計画的に!積極的に活用したい理由とは!?

計画的に活用したい不用品回収業者に関する情報を特集しています。是非ご覧くださいませ! - 検証!不用品回収と粗大ごみ回収の違いについて

検証!不用品回収と粗大ごみ回収の違いについて

引き取り可能な物が似ている不用品回収と粗大ごみ回収であるが、違いをについてはよくわからないという人もいるのではないだろうか?
その疑問を解消できるように、今回は両者の違いについて検証していくことにする。

利用できる時間帯

各自治体でごみの収集曜日や時間は決められている。
そのため、面倒な手続きはほとんどないが、回収日にごみ出しができない人にとってはやや厳しい。

一方、業者は自分の好きな時に回収業務をしてもらうことが可能だ。
また、買取してもらえる場合は料金が得になるだけでなくリサイクルもできるので、まさに一石二鳥なのである。。

個数の制限

粗大ごみの場合、一度に引き取り可能な個数はほぼ決められている。
安く済むことが多いものの、回収してもらいたい数が多い場合は複数回に分ける必要があるのでやや手間がかかる。

一方、不用品回収の業者は個数を定めていることはない。そのため、一度ですべての不用品を回収してもらうことも不可能ではないのだ。
しかし、個数や大きさで料金が変わることがあるので注意が必要である。

ちなみに、両者においては個数に関わらず事業活動で出てくる産業廃棄物は引き取り不可としている。

人によって便利さは様々

覚えておいてもらいたいのは、回収業者を利用するにしても市町村や区に回収してもらうにしても、便利さは人によって様々だということだ。
一方にこだわるのではなく、「量が多いから今回は業者を利用しよう」「都合が良いからごみ出しの日に収集してもらおう」など自分の状況に合わせて選ぶことが大切なのである。